« 週末、新着情報☆ | トップページ | インテリ »

福島、郡山の地から。。。

僕は、決して原子力反対派ではありません。

現実、日本の電力の3割は原子力発電でまかなわれており、

それが停止したことによる影響は計り知れない。

『放射線』に携わる仕事をしている僕にとって今回の原子力事故は、

相当なショックを与えることになりました。

放射線は目にも見えないゆえ、その危険性を正しく理解して運用することが

第一条件です。

しかし、日本の原子力政策、安全神話はどこか違う方向に働いていた

ようです。一部の人間の利益や損得のために・・・。

いわば、起こるべきして起こった事故といっても過言ではないかもしれません。

安全を声高に謳っていた、政府、電力会社。

一方、次々と報道される初動体制の遅れ、ずさんな管理体制。

がっかりさせられ、怒りさえ覚える。

これら一連の行動は、

周辺住民やこの影響をうけた各業界関係者に対する裏切り行為ではないか?

今、彼らはこの事態をどう受け止めているのだろうか?

そしてなにより、日本の原子力技術を失墜させ、

原子力(発電)の安全神話が壊れたことを誰よりも悔しく思う。

※現在、高濃度の放射性物質の中、最前線で事故の収束に職務を全うしている

 技術職の方々に対して頭の下がる思いです。

|

« 週末、新着情報☆ | トップページ | インテリ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島、郡山の地から。。。:

« 週末、新着情報☆ | トップページ | インテリ »