熊本県地震と海水魚水槽変遷

久々の登場です。皆様いかがお過ごしでしょうか?

東日本大震災から早くも幾年か経ちましたが、今度は熊本で地震ですね。
心よりお見舞い申し上げます。やっと激甚災害へと閣議決定されるようですね。
ここ数年で我が家の水槽も量より質重視で縮小化の一途をたどっております。
1つは、海道システムによるオージ中心のサンゴ水槽。
もう1つは、国産グッピーの円柱水槽です。
以前使用していた60cmの水槽台にもぴったりフィットしています。
Img_0957
本日は、地元福島の鹿頭山へ登山。
途中、 綺麗なハナモモが咲いていました。
…実は、この「ハナモモ」という名称は
今日初めて知ったのですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電力使用料の考察

福島原発は、3月11日の大地震の影響で、大事故が起こったわけだが、、、

この地震による、電力不足は東京電力管内だけではなく、

東北電力管内でも夏にかけて重要な問題である。

暑い真夏に、計画停電ともなれば、水槽は温暖化で、

最悪、サンゴは白化し、魚は、煮えたぐってしまう。

我が家の

4月8日~5月10日までの33日間の電力使用料は、、、

P1030269P1030273


「365kWh」、8348円でした。

           ちなみに昨年は、「384kWh」、8627円だったよう。

そこで水槽関連に使用している電力を考察する。

1_6


2つの水槽合計で、最大1253.2Wです。

               計算すると、33日で、992.5kWhとなりますが、、、

ここで、ヒーター・クーラーは、この時期ほとんど稼動しない。

     照明は、毎日7時間と考えると、実質、92kWhくらいだろうか!?

国は、この夏、15%削減を国民や企業にお願いしています。

水槽ではカットが難しいので、生活電力量を抑える必要がありそうです。

単純計算、水槽以外で、273kWhくらい使用していることになります。

水槽だけではなく、部屋の電気もLED化しようかな?

あとは、こまめな電化製品のOFFや使用しない電化製品のコンセントを抜き、

待機電力をカットする必要があると思う今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5/5 こどもの日 ’2011

なんだか、ブログの更新ができなかったので・・・・。

ちょっと遅れて、こどもの日ネタです。

現在、自宅の他に展示水槽を管理しています。

この展示水槽。季節ごとに模様替えをしているのです。

5月は子供の日ということで、、、

「こいのぼり」をあげてみました~!!

Imgp7786

なんと、この水槽、こいのぼりだけではありません。

~く、見ると

Imgp7787_4

Imgp7789_7 

梅の花とうぐいすもいます。 若干、季節はずれもいなめませんが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インテリ

昨日は、定期水換え日。毎週、日曜日に行っているが、、、

先週末届いた、「スターポリプ」が本調子になってきた。

P1030251 この形もモコモコでよい、よい。

魚水槽の方も餌付けバっちりです。

チョウハンもオニハタも小型ヤッコも、、、。すばらしい。

そんな今日は、我が家のリビングを紹介。

P1030260 P1030262 シンプル第一。

 そんな配置になってます。

 

 観葉植物も飼育中です。

 サンスペリアは、

 空気清浄効果、マイナスイオンも

 だしちゃいますよ。

P1030261

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島、郡山の地から。。。

僕は、決して原子力反対派ではありません。

現実、日本の電力の3割は原子力発電でまかなわれており、

それが停止したことによる影響は計り知れない。

『放射線』に携わる仕事をしている僕にとって今回の原子力事故は、

相当なショックを与えることになりました。

放射線は目にも見えないゆえ、その危険性を正しく理解して運用することが

第一条件です。

しかし、日本の原子力政策、安全神話はどこか違う方向に働いていた

ようです。一部の人間の利益や損得のために・・・。

いわば、起こるべきして起こった事故といっても過言ではないかもしれません。

安全を声高に謳っていた、政府、電力会社。

一方、次々と報道される初動体制の遅れ、ずさんな管理体制。

がっかりさせられ、怒りさえ覚える。

これら一連の行動は、

周辺住民やこの影響をうけた各業界関係者に対する裏切り行為ではないか?

今、彼らはこの事態をどう受け止めているのだろうか?

そしてなにより、日本の原子力技術を失墜させ、

原子力(発電)の安全神話が壊れたことを誰よりも悔しく思う。

※現在、高濃度の放射性物質の中、最前線で事故の収束に職務を全うしている

 技術職の方々に対して頭の下がる思いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末、新着情報☆

復興中の水槽へ新しい仲間がきましたー。

まずは、魚。

P1030208_2                   『オニハタタテダイ』

  なかなか入荷の少ない個体で、ネットで探しに探して手にいれました。

  この固体は、兵庫のショップからきた外産のオニハタです。

  僕は、この魚が大好きです。

次はサンゴ。

P1030217                   『沖縄産のスターポリプ』

 60cmのサンゴ水槽はご覧の通り、茶コケが出てきました。

照明は7WLEDを5灯(ブルー3/ホワイト2)使用していますが、

    水は水道水のためン酸塩が高めか?

水換え時、きれいに掃除してはいますが。。。

レッドシーより新発売された、NO3:PO4-Xに興味を持っています。

しかし、コンプリートリーフケアプログラムは海外でも定評ということで

ぜひ試したい一品です。

けど高い。。。

   けど、欲しい・・・。ということで、近日中に使用してみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地震対策 2011

まだまだ余震が続いていますが、今回の大震災をきっかけに

水槽の再セットの際に、地震対策を施しております。

①配線類は、床置きにしない。

 一定の高さにつるしたり、置いたりしています。

 当たり前のことですが、分かっていたけど地下置きしてました

P1030199_2 P1030193_2 

②水槽の下にマットを敷く。

 倒れた水槽には、マットはありませんでした

 今回の水槽縮小計画により、60cm水槽はOF水槽に変更しました。

 下には水槽マットを設置しました。

③ガラスフタをする。 

 90cmのオーバーフロー水槽は3.11の時は水槽内に落下していましたが

 60cmOF水槽は、フレームレス。ガラスフタの落下も怖いのでサララップにしてます。

皆さんの震対策はいかがでしょうか?

あとは、夏に向けた、画停電対策も必要かもしれませんね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東北地方太平洋沖地震と復興

我が家には以前、水槽が3つありました。90cmが1つと、60cmが2つでした。

でも、先月11日の地震で、60cmの水槽が1つ倒れて割れて

部屋中、水びたしになるわ、

  漏電ブレーカーが下がったことで、生体も全て失いました

被害総額は、10万塩(円)近くで、

再起については、大分迷いましたが、、、、

っぱり、めちゃいました。海水魚が好きなんです相当☆

でも、縮小ぎみか!?

90cmと60cmの2つにしました。60cmはオーバーフロータイプへ変更

震災後、1ヶ月を過ぎましたが、生体も徐々に加わりまさに復興中です。

P1030177

P1030181_2

やはり、

家にがあるってのは心が休まります

( ^ω^)おっおっおっ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人工海水

水槽で海水魚を飼うということは、
水換えのたびに新鮮な海水が必要になる。

海に行って汲んでくる訳にはいかないので、
ショップには、水道水に溶かして海の世界が
再現できるいろんな人工海水がおいてある。

決して、食塩を溶かしているだけではないのである。

     海水魚の飼育環境は、
            比重、1.023だ!!

1176724850

| | コメント (0) | トラックバック (0)